世界をリードする京都の4つの産業

京都の強みである「伝統」「知恵」「革新」のトライアングルが
現代京都の主要産業を生み出し、そして支えています。

現代の京都には、「ライフサイエンス」「観光」「ものづくり」「コンテンツ」という4つの主要産業があります。

再生医療のiPS細胞研究に代表される「ライフサイエンス」、世界有数の歴史・文化の宝庫で、古き良き日本を体感できる観光都市・京都の「観光」。

「ものづくり」では、伝統産業で育まれたものづくりの技術や精神が、現代~未来の生活を創造する最先端テクノロジーを生み出し、映画発祥の地である京都の土壌がまんが、アニメ、ゲームといった豊富な「コンテンツ」を創出してきました。

ライフサイエンス

京都大学iPS細胞研究所

細胞培養チャンバ

ヒトIPS細胞

ヒトニューロ細胞

研究実験

観光

清水寺

茶道体験

人力車

フォーリンフレンドリータクシー

京町家

ものづくり

世界初の無人駅システムは京都企業が開発

センサメダル「SensorMedal-EVK-001」

トリプル四重極型質量分析計

ファインセラミック製品群

村田製作所チアリーディング部

コンテンツ

東映太秦映画村(撮影風景)

©Nintendo

京都国際マンガミュージアム

東映太秦映画村(撮影セット)

©京都府 まゆまろ 2857005